2017-07-26

中国の人気SNSアプリ動向 2016

国内独自のSNSアプリが発展している中華人民共和国。
日本からはなかなかわかりにくい中国のインターネット利用状況と、人気のアプリをピックアップして紹介します。

◆ネット人口概観

2016年末の中国ネット利用者人口は7億3,125万人(下記グラフのオレンジ色の頂上)、これに対して携帯電話からのネットアクセスの人口は6億9,531万人(青色の頂上)でネット全体の9割強を占める。中国でネットと言えば携帯電話(スマートフォン)からと考えてよい水準だ。
とはいえ普及率では約5割であり、依然として巨大なポテンシャルを持つことがわかる。

中国インターネット利用推移

◆中国ネット利用時間

2012年以降、ユーザーのネットにかける時間は上昇を続けたものの、2014年以降毎年ほぼ26時間程度で安定している。つまり、どのように優れたサービス、プロモーション、キャンペーンをしかけたとしても、週26時間という壁を破るのは難しいということになる。ユーザーが他のネットサービスを使用している時間を奪う形でしか、ユーザーを自社に振り向かせるのは難しく、「可処分時間」というシェアの奪い合いが、現在の中国におけるネットでの基本ルールであるといえる。

ネット利用時間

※ちなみに、日本:約11.3時間/週(平日5日+休日2日換算)
データ出処:総務省

◆人気SNSアプリ動向

2016年もWechatの強さは圧倒的だったが、一方で出会い系、コミュニケーション系、ライブ動画系等、SNSのカテゴリーが多様化した一年となった。また新浪Weiboも停滞を抜けだし復活している。

その流れに乗り、2017年上半期人気のSNSアプリ(ダウンロード数トップ10)がこちら。

wechat Wechat ユーザー数8億を越えるトップアプリ。通話から決済まで社会インフラ化。日本での決済対応も進む(チャットアプリ)。
QQ QQ Wechatを運営するテンセント社のメッセンジャーアプリ。若者のコミュニケーション、ECサイトのオンライン接客では、QQのシェアが非常に高い。
陌陌 陌陌(MoMo) 登録ユーザー8,000万人を誇る、出会い系SNS。GPS機能により身近にいるユーザーとグループを作り会話することができる(チャットアプリ)。
YY語音 YY語音 アクティブユーザー数1億。グループ通話機能から人気を獲得し、その後総合チャットアプリへと成長(チャットアプリ)。
遇見 遇見 登録ユーザー数5,000万人。中国を代表する出会い系SNS、風紀を乱すと批判されながらも順調に成長(チャットアプリ)。
映客 映客 中国で最初に動画ライブ機能を搭載した老舗動画アプリ。2015年に他社に先駆けライブ動画サービスを開始、中国のライブ動画ブームを牽引。
探探 探探 日アクティブユーザー数500万を越える、SNSアプリ。特に90後(90年代もしくはそれ年以降生まれの人々)の間で人気が高く、現代の若者の必須ツールに。
視吧 視吧 ライブ動画アプリ。投げ銭機能が充実しており、ライブでお金を稼ぎたいユーザーの間で大人気となった。
比隣 比隣 陌陌、遇見等と並ぶ、人気拡大中の中国出会い系SNS。特に若者の間で人気が高く、スタンプ、ステッカー等が充実しているのが特徴。
新浪weibo 一時期の停滞から見事復活。Wechatとは異なるオープンSNS的アプローチで、順調に成長を続けている。
関連記事