2017-03-07

中国人の自転車生活に革命をおこす 今最も熱いニュービジネス自転車シェアリング

最近、上海の街中を歩いているといたるところに自転車が停められているのが目につきます。オレンジ、青、緑、黄色、色とりどりの自転車が路駐さながらに乗り捨てられているのです。この景色は壮観で、「自転車大国中国復活か?!」と思わせるものがあります。冗談はさておき、今中国で最も熱いニュービジネスがこの自転車、簡単に言うと「自転車シェアリングサービス」です。

  

使い方はとっても簡単です。

まず各自転車シェアサービスの会社のアプリをダウンロードします。そして乗りたい自転車のナンバーをアプリから入力をすると、その自転車の鍵を解除する番号が送られてきますので、鍵を解除すると自転車を利用することができます。

目的地に到着して自転車の利用を終了する場合は、アプリで利用終了を選択すると、決済、サービス評価画面等が表示されますのでお金を払って終了、自転車の鍵を適当にまわして、自転車はその場に乗り捨てておけばOKです。

いくつかのサービス提供会社がありますが、使い方は皆ほぼ同じです。利用料は各社多少の違いはありますがそれほど差はなく、これが破格の安さで、0.01元(約0.2円)/分或いは0.04元(約0.8円)/km(一回の使用の最高金額は2元(約30円))です。

家から地下鉄の駅まで自転車、その後地下鉄に乗り、降りた駅から会社まで自転車という利用方法が一般的です。

自転車シェアサービスに関するSNSの書き込み例)

・もう自分の自転車いらないね、以前結構高い自転車買ったから次の日に盗まれたから、このサービスがあればそんな悲しい目にあわなくてすむ
・すごい安い、これでもうかるのかな、我々にとっては便利すぎるから値上げしてほしくないなあ

中国人の自転車に対する考え方を変えてしまったと言われるこのサービス。現在は参入した各社がユーザー取り込みのために激しい戦いを繰り広げていますし、街中自転車だからになってしまったという苦情もあるようですが、利用者にとっては素晴らしくありがたいサービスと受けいれられているのは確かのようです。

関連記事